茨城県土浦市「保立食堂」

LINEで送る
Pocket

保立食堂-01

城下町、宿場町、そして水運の町。多彩な顔を持つ茨城県土浦市。

県の南東部から千葉県北東部に面する霞ヶ浦は、江戸との交通を担った高瀬舟や蒸気船の終着港として町の発展を支え、人や物資の往来が増えるに連れて、商家の生活は豊かになっていきました。

そんな町中の中心部、かつて街路に沿って流れていたのが川口川。フナ、コイ、タナゴに加えて、時にはワカサギの姿もあり、明治時代にはこれらの漁も盛んでした。また大正時代には川沿いにバラック小屋も建ち並び、水害対策による埋め立てが行われた昭和初期まで、水運の町・土浦を象徴する存在でした。

暗渠となった川の上に亀城通りが走る土浦の中心地。宿場町のメインストリート・中城通り(旧水戸街道)と交差する地点に、木造二階建てのお店が姿を現します。

保立食堂-02

寄棟造の屋根、押縁下見板張り、漆喰の外壁、そして格子木囲い。当時の建築技術がそのまま残る「保立食堂」。

明治2年の創業当時、店の対岸には銚子などで獲れた魚が水揚げされた魚河岸があり、商環境に恵まれた食堂は、当時の土浦で最も繁盛した店の一つと言われました。

保立食堂-03

交差点には、桜橋の欄干跡が今も残ります

お店のルーツは、江戸時代に現在の田町(現・土浦市城北町)に構えていた魚問屋。移転か暖簾分けで店を構えたのかは定かではありませんが、魚河岸の人を中心に、煮魚の定食を販売していたそうです。


LINEで送る
Pocket