静岡県熱海市「餃子の濱よし」

LINEで送る
Pocket

■食堂の歴史は町の活気で育まれる

餃子の濱よし-14
餃子の濱よし-15
※左写真の真ん中が、初代の奥さんのていさん。右写真の左が隆さん

最近、濱よしを訪れるお客さんの層が少し変化してきたそうです。その一つの要因は、熱海市役所に勤めるカリスマ公務員の頑張り。 テレビや雑誌などの取材に24時間体制で対応し、露出が増えてきたことで若いお客さんが多くなったそうです。

「これまでは、熱海を訪れるお客さんの数に波があったのですが、最近は、普段の時期の集客が上手く回っているように感じます。なので、若い方が日帰りで増えてきました。熱海にお客さんが訪れると、色々なお店も潤う。そうなるとお店同士の交流も増えるので、他のお店の方がお客さんとしてここに足を運ぶことも。商店に働いている方の交流が増えているんです」

そんな食堂の四代目ですが、娘さんが3人いらっしゃるものの現時点では未定とのこと。この好循環の波に乗って、伝統のかえしが絶えることなく四代目に受け継がれて欲しいものです。


餃子の濱よし

創業年:昭和4年(取材により確認)

住所:〒413-0013 静岡県熱海市銀座5-9

電話番号:0557-81-0048

営業時間:11:00~15:00/17:00〜20:30(売り切れ次第終了、延長オープンの場合あり)

定休日:火曜日

主なメニュー:懐かし醤油中華そば(700円)/コクうま餃子(6個・550円)/サービスセット(中華そば+餃子4個+小ライス・900円)/かき氷(350円・テイクアウトのみ)

ウェブサイト:http://hamayoshi.net/

facebook:https://www.facebook.com/hamayoshi.net/

※店舗データは2016年7月6日時点のもの、料金はすべて税込み。


LINEで送る
Pocket