大分県豊後高田市「大寅屋食堂」

LINEで送る
Pocket

■昭和の町の玄関口で、旅人と町の空腹を満たす

大寅屋食堂-01

大分空港から車を走らせること約1時間。たどり着いたのは県の北部、周防灘に面した豊後高田市。

明治から昭和中期にかけて、西瀬戸地域の交流の結節点として栄えたこの町に、鉄道が開通したのは大正5年。日本三大八幡宮の一つ・宇佐神宮と、国東半島の玄関口を結ぶ宇佐参宮鉄道鉄道の始発駅となった豊後高田駅。大寅屋食堂はこの地に店を構えました。

大寅屋食堂-02
大寅屋食堂-03

鉄道が廃止された現在は、バスターミナルとなった旧駅舎。そのすぐ向かいに建つ「豊後高田昭和の町」と掲げられたゲートの先、駅通り商店街の入口すぐに見えたのは、これぞ百年食堂といった外観。

大寅屋食堂-04
大寅屋食堂-05

かつて出前に使われていたという自転車が置かれた店頭には、昼休みの時間を過ぎたにもかかわらず、大学生ぐらいのお客さんがひっきり無しに自転車を停め、次々と店内に入っていきます。

木製の引戸の先に広がるのは、年季の入った合板のテーブルやパイプ椅子が出迎える空間。 そこには町の移り変わりと共に昭和の時代を過ごしてきた風格を感じます。

大寅屋食堂-06

「お店の建物は、ところどころを修繕しながら使ってるんです」と、三代目の山本勝一さんと靖子さんご夫婦。

大寅屋食堂の暖簾が初めて掲げられたのは昭和3年。熊本県宇土市に生まれた河瀬万蔵さんと奥様のキワさんが、この町に創業して90年近くが経過します。ご夫婦で食堂を切り盛りする中、南満州鉄道で働いていた息子の正一さんは芹川静子さんと結婚。3人の子供と共に満州に暮らしていました。

ところが、昭和19年に正一さんが現地で軍に招集。昭和21年3月2日に戦病死という形で、生涯の幕を閉じることになったのです。この頃、静子さんは正一さんが招集されたこともあって、子供と共に日本へ帰国。初代が故郷の熊本に帰るタイミングと重なったこともあって、大寅屋の二代目として、うどんやいなり寿司、あるいは玉子丼といった料理を提供する日々を送ることになったのです。

その後、お見合いで知り合った小野義忠さんと再婚。戦時中、北九州市門司で軍の調理担当に従事していた義忠さんは、そこで学んだちゃんぽんを食堂で提供することにしたのです。

「昭和20-30年代当時、静子さんは親しいお客さんたちが入ってきたら、注文を聞くことなくいきなりおいなりさんを出して、お客さんが何か言ったら『これを食べなさい!』って。昔らしい気心が知れた関係ができていたんです」


LINEで送る
Pocket