福島県福島市「マルイチ神田軒」

LINEで送る
Pocket

■駅前屋台で愛されたワンタンこそ、福島市の中華料理の原点

05-07-04-01
明治から大正にかけて、鉄道の開通と共に町の発展期を迎えた福島市。

そんな福島の北の玄関口・福島駅を当時賑わせていたのは料理の屋台。駅の東口に無数の屋台が軒を連ねていた中、人気を博していたのがワンタン。

昭和3年には「福島雲呑露商組合」も結成されていることから、屋台の名物として認知され、多くの方に親しまれていたことが伺えます。

05-07-04-16

そんな屋台街を取り仕切っていた方が営んでいた、ラーメンとワンタンの屋台。そこは「神田軒」の屋号を掲げ、数多くのお弟子さんを使っていたそうです。

元々、群馬の織物工場で働いていた遠藤竹蔵さんもその一人。山形生まれの母親に呼び戻されて福島に戻り、神田軒に弟子入りして屋台を開業し、チャルメラを吹きながらラーメンやワンタンを売り歩いていました。

実直な仕事ぶりと料理の味が評価され、親方から受け継いたのが「マルイチ神田軒」の屋号。この時代、神田軒の屋号がついた屋台が何軒かあった中、一番弟子である竹蔵さんに与えられた特別なものです。

その後、大正13年に店舗を構え、昭和2年ごろに現在の場所にお店を移転。福島市内に残る最古のラーメン店として、今日も暖簾が受け継がれています。


LINEで送る
Pocket