埼玉県寄居町「今井屋」

LINEで送る
Pocket

今井屋-01

埼玉県北西部に位置する寄居町。

奥秩父の山間から流れる荒川に面するこの町は、かつては秩父と大宮を結ぶ秩父往還の宿場町や現在も城跡が残る鉢形城の城下町として賑わい、玄関口の寄居駅には3社の鉄道路線が乗り入れる、交通の要衝地となっている。

そんな駅から数分歩くと見えてきたのが、青いトタン屋根が目を惹く木造の建物。ガラス戸を開くと出迎えてくれたのは、「いらっしゃーい」という元気な声と食欲をそそる残り香。

今井屋-02

声の主は現在69歳の横田富美子さん。優しさが溢れる笑顔が素敵な三代目として、『今井屋』の暖簾を守っている。

今井屋-03

食堂の建物は初代の頃から今日まで、大小の修繕はあれども創業当時の外観を留めている。

今井屋-04

その奥に広がるのは昭和40年代に増築された大広間。「かつては宴会にも使っていて、従業員が帰るのが夜中になることもあった」という空間は、現在も地元はもちろん「栃木から二週間に一度来るご夫婦もいらっしゃるんです」と、各地から足を運ぶお客さんで賑わいが絶えない。