青森県青森市「平田屋」

LINEで送る
Pocket

平田屋-01

■提川、明治の賑わい。

八甲田山からむつ湾に流れる提川。この川沿いに店を構える食堂が「平田屋」です。

明治24年に東京と青森を結ぶ東北本線が開通し、その2年後に提川の近くに浦町駅が開業。映画館や芝居小屋などが立ち並ぶ界隈は、青森市の賑わいの中心地となりました。

「魚市場や焼肉屋さんがあったり、昔、この界隈は大渋滞が起こるような場所だったんです。」

四代目の平田欣也さんに昔の堤町のお話を伺うと、熱く語る姿に当時の情景が目の前に浮かんでくるようでした。


タグ :
LINEで送る
Pocket