青森県八戸市「キクヤ食堂」

LINEで送る
Pocket

■自然体であれ。それが三代目が大切にしている考え方

キクヤ食堂-20

昭和の頃から今も使われている食器には、キクヤの文字がしっかり残る

食堂の三代目として、信一さんが大切にしている考えがある。

「歴史のことは極力考えず、自分にやれることは限られているので忠実にやっていこうと決めています。守っているものも時代に沿って変えるべきことは変える。気負わずにお客さんの反応を見ながら自然体で、これからもやっていきたいですね」

キクヤ食堂-21

そんな信一さんが出してくれたのが、いつもは店先に置いているというメニューの看板。そこには『裏メニュー』と書かれている。

キクヤ食堂-22

「母の弟が、昭和40年代から八戸にあるNHKの近くで喫茶店をやっていたんです。そこの定番がケチャップ系のナポリタン。それを再現したニューフェイスなメニューなんです」と笑顔で話す。

「娘が二人いるんですが、女性なので難しいかもしれないですね」と、跡継ぎについて話す信一さんだが、遊び心と共に厨房に立つ姿は今日も変わらず自然体だ。



【お店データ】
創業年:1930年(昭和5年/取材により確認)
住所:〒031-0802 青森県八戸市小中野4−2−1
電話番号:0178-22-0260
営業時間:11:00〜21:00 ※土曜日の14:00〜17:30は休憩時間
定休日:不定休(月1回程度) ※毎月第2水曜日は14:00〜半日休業
おすすめメニュー:
豆腐フライ(単品470円・定食740円)/キクヤラーメン(540円)/ポークソテー(単品800円・定食1,030円)/八戸らーめん(600円)
※店舗データは2019年3月27日時点のもの、料金には消費税が含まれています。
〒031-0802 青森県八戸市小中野4−2−1