静岡県熱海市「餃子の濱よし」

LINEで送る
Pocket

■奥深く懐かしさに満ちた、中華そばと羽根つき餃子

餃子の濱よし-11

まずは、懐かし醤油中華そばからいただきます。

とんこつや鶏ガラ、煮干し、香味野菜などで出汁を取った、動物系と魚介系のダブルスープ。そこに溶け込むのは、鼻をくすぐる和の香り。そして、ほんのり感じるまろやかな甘さ。かえしが入ることで、いわゆる中華そばと装いが全然違うものになります。

スープをたっぷり纏った麺をすすれば、なめらかな口当たりとボリューム感に心地よさが止まりません。もちろん、たっぷりのメンマとチャーシューにも妥協なし。ノーマルの中華そばなのに、これほどの食べごたえがあると嬉しいものです。

一方、熱々の餃子を頬張れば、パリパリの羽根と皮の弾力に包まれた餡のエキスがじゅわっと。焼く前に一度茹でることで生まれる食感が、歯ざわりにメリハリと楽しさを生み出します。

餡にも基本のキャベツとニラ、長ネギ、ひき肉に「旬の時期には白菜を入れることで、甘さや食感に奥行きを持たせている」と、こだわりがたっぷり。もちろん口の中にふわっと広がるのは、かえしの味。タレなしでも十分に美味しいのですが、タレを絡めれば更にコク深くなります。

ちなみに、実はこの組み合わせはサービスセット。ここにコシヒカリの小ライスがついてくるので、ボリュームも満点です!

餃子の濱よし-12
餃子の濱よし-13
※テイクアウトのみですが、取材用として特別に店内で提供いただきました

また、お店のメニューの中で夏にしか会えないのがかき氷。多彩なシロップに迷いつつも、やっぱりいちごを選んでしまうもの。お隣・愛知県の密元研究所さんのシロップが、たっぷり染み渡るルックスに笑顔がこぼれます。

二代目の頃、夏の熱海に涼を提供していた一品が時代を越えて、こだわりの蜜と氷の融合によって提供されています。


LINEで送る
Pocket