埼玉県秩父市「ファミリーレストランみのり」

LINEで送る
Pocket

■「秩父に料理の総合デパートを作りたい!」

ファミリーレストランみのり-01
2016年12月1日、ユネスコによって「山・鉾・屋台行事」が世界無形文化遺産として新たに登録決定されました。

地域社会の安泰や災厄よけを願って山・鉾・屋台を巡行させる祭礼として、登録対象となった全国33の行事。その一つが埼玉県秩父市の「秩父夜祭」。毎年12月3日の本祭には朝から巨大な笠鉾や屋台が街を練り歩き、大勢の曳き手によって急坂・団子坂を登る夜巡行に、クライマックスを迎えます。

その出発地点となる秩父神社のほど近くに店を構えるのがファミリーレストランみのりです。店頭に並ぶサンプルに心躍らせながら中に入ると、出迎えてくれたのは三代目となる池田正人さん・あかねご夫妻。年のころ12歳も離れた姉さん女房のあかねさんは、笑顔が素敵でまるで親戚のお姉ちゃんといった感じです。

このお店の前身となる「いせや」が創業したのは1935年以前のこと。長野生まれの初代・池田清さんと秋田生まれのムメノさんは東京で出会い、結婚を経て団子やおいなりさんを提供する甘味処を秩父の地に開きました。

主にムメノさんが調理を担当し「甘味にはあまり興味を持たなかったらしい」という清さん。
しかし、甘味処を営む中で閃いたのか「秩父に料理の総合デパートを作りたい!」という思いで一念発起。東京から中華や洋食の料理人を呼び寄せて、食堂へと模様替えを果たしました。


LINEで送る
Pocket