熊本県熊本市「山本屋食堂」

LINEで送る
Pocket

■熊本の米農家を支えた『馬』と『鯖』

山本屋食堂-01
2016年4月14日、熊本県と大分県を中心に九州に大きな被害を及ぼした熊本地震。瓦が落ち屋根が崩れた家屋を覆う青いビニールシートが、幾度の揺れが残した爪痕を伝えています。

空港から熊本市の中心部に向かって車を走らせ、辿り着いた一軒の建物。江戸後期から変わらぬ場所に立つ、山本屋食堂の堂々たる姿です。

創業のきっかけは、道を挟んで向かいにあった米の集積所。初代の山本勘次郎は、荷車や馬車で米を納めた農家の胃袋を満たすため、今も変わらぬ食堂の看板料理である、肉丼と鯖煮定食の提供を始めました。

「今ではどちらも高価になってしまいましたが、当時は馬肉と鯖が一番安く手に入る食材でした」

戦後間もない頃まで一頭買いした馬を店先でさばき、スタミナの源を提供してきた山本屋食堂。その名は山を超えて知れ渡り、一膳飯屋として人気を博していきました。

「今の阿蘇市や菊池市の方面から米を納め、現金収入を得て山本屋で食事をする。これが贅沢でステータスだったようです。鍋よりも大量に炊けることもあって、当時はおこわを蒸すように蒸気で米を炊いていました。記録に残っている範囲では、一日で16俵分のごはんを炊いたこともあったそうです」


LINEで送る
Pocket