神奈川県小田原市「そば処橋本」

LINEで送る
Pocket

■旅籠屋の賑わい、漁師のごちそう

そば処橋本-01

小田原駅から小田原城に向かう道すがら、お堀端通り沿いに立つ一軒のおそば屋さん。店頭に無数の提灯が飾られた店の名前は「そば処橋本」。

創業は天保12〜13年頃。神奈川県旧橋本村(現在の相模原市南区橋本)に生まれた初代が、蕎麦の実を挽いて粉にする「挽売粉屋」と知り合って始めたそばの屋台がルーツ。働き者の人柄が生み出すそばの味は、武家から庶民まで多くの方から人気を博していきました。

やがて初代は小田原に根を張ることを決意。現在の宮小路松原神社の近くに店を構え、出身地から取った「蕎麦屋の橋本」をと名乗りました。

また、宿場町として賑わう小田原の中で、酒を提供し旅籠屋も兼ねていた橋本。建物の二階の大広間はいつも賑わいに包まれていました。

そば処橋本-02
そば処橋本-03

ちなみに当時、橋本も含めて旅籠屋に必ず置かれ販売されていたのが草鞋と提灯。今もお店のあちこちに飾られる小田原提灯は、店内だけではなく創業時からの歩みも優しく照らしています。

一方、幕末から明治、大正へと時代が移り変わる中で、小田原で盛んになったのが相模湾での近海漁業。多くの船頭は海の近くに住まいを構え、浜から10キロほど離れた沖で魚を大量に獲ると、海を覆わんばかりの数の旗を掲げていました。

『総旗(そうき)』と呼ばれる圧巻の景色を合図に始まる大漁祝いの準備。そこに欠かせなかったのが橋本のそば。海から戻ってきた漁師の身体を温める疲れを癒やす、最高のごちそうだったのです。


タグ :
LINEで送る
Pocket