青森県五所川原市「亀乃家」

LINEで送る
Pocket

亀乃家-01

■五所川原のシンボルとして

弘前市の士族に生まれた金川亀吉さんが、五所川原に移り住んだのは明治28年頃。町の一角にそば・うどんの屋台を開きました。

その味は好評を博し、自らの名前を一文字使った「亀乃家」の屋号と共に、店舗を構えたのは明治終期頃。

以降も店舗の移転を経て、大正10年には料亭も兼ねた大きな料理店を建てるまで。昭和9年に築かれた店舗は近代的な佇まいもあって、当時の五所川原ではシンボル的な存在でした。

亀乃家-02

大正10年の店舗
亀乃家-03

「建築にも長けていた」という初代のセンスが反映された、昭和9年の店舗
亀乃家-04

当時の新聞には亀吉さんの次女と、お婿さんが営んだ精肉店の広告も掲載されていました。

LINEで送る
Pocket