みなさまの心に残る「百年食堂」募集中!

LINEで送る
Pocket

100shoku-bosyukokuchi

その土地で生活する人々に慣れ親しまれ、三代四代に渡って暖簾と味が受け継がれてきた町場の食堂。

百年食堂応援団では、こうした食堂を「百年食堂」と称して、お店の歩みや暖簾への思い、そして料理の美味しさを紹介することで、多くの方に訪れていただくと同時に、その歴史を次世代に繋ぎたいと考えています。

そこで、みなさまから百年食堂に関する情報を募集します。もちろん、自薦他薦を問いません。

以下の応募フォームにお寄せいただいた情報の中から百年食堂応援団で取材を行い、コミックス「思い出食堂」やこのウェブサイトで紹介する予定です。

故郷や旅先で出会った百年食堂のエピソードや、誇りと共に受け継いできた暖簾や料理にまつわる物語のご応募、お待ちしています!

【「百年食堂」の定義】
・三代四代と受け継がれ、75年以上続いてきた食堂である。
・決して特別な料理ではないが、その町の人々に慣れ親しまれてきたメニューがある。
・町に、人々の生活に溶け込み、愛され続けている食堂である。

お客様の情報をご入力ください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

食堂の情報をご入力ください

食堂の名前(必須)

食堂の所在地(◯◯県△△市□□といったものでOKです)(必須)

食堂の創業年度(正確な数字がわからない場合には、「昭和初期」といったものでOKです)(必須)

食堂の名物メニュー(必須)

食堂の特長(必須)

食堂にまつわるエピソード(必須)

※ご応募いただいた情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧下さい。

LINEで送る
Pocket